スポンサーサイト

  • 2019.01.15 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    10月24日 税理士会研修

    • 2018.10.25 Thursday
    • 11:03

    おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    先日インターネットのニュースを見ていると、今度キッザニア甲子園で「大人のキッザニア」が開催されるとの記事がありました。

     

    16歳以上限定だそうで、約100種類のお仕事が体験できるとか(^^)

     

    飲食店やパイロットや歯医者さんなどあるようです。ちゃんと企業名が入った制服も着れるみたいです。

     

    これがきっかけで新たな職業に興味を持つ人もいるかもしれませんね!

     

    昨日法人の生命保険に関する研修に行って参りました。

     

    法人契約の生命保険には、養老保険や定期保険、逓増定期保険などなどあります。

     

    退職金の準備であったり、福利厚生目的であったり、万一の備えであったり、目的に応じた保険を選んでいきますが、同じ保険でも被保険者や保険金受取人を誰にするかで経理処理は変わってきます。

     

    たとえば、養老保険で被保険者は役員及び従業員で、死亡保険金も満期保険金も法人が受け取る場合は、資産計上しなければいけません。

     

    一方、死亡保険金の受取は被保険者の遺族で、満期保険金の受取は法人としている場合は2分の1を資産計上し、残り2分の1は損金に算入できます。

     

    ただし、被保険者が特定されるような基準を社内で設けていた場合など、被保険者の給与として扱わなければいけないので注意が必要です。

     

    「全従業員がその恩恵に浴する機会が与えられているとは認められない」とし、源泉所得税の追加納付を命じられた裁決事例もあります。

     

    生命保険の基礎知識から、保険の種類ごとの経理処理までしっかり学ぶことができて勉強になりました(^O^)

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

     

     

     

     

     

    2018年10月第2回所内研修

    • 2018.10.15 Monday
    • 15:44

    こんにちは、九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    週末に野田秀樹さんの舞台を見に行って参りました(^^)

     

    天海祐希さんが男性の役をされていたのですが、めちゃくちゃかっこよかったです。さすがだと思いました!

     

    野田秀樹さんの独特の世界観とか演出の美しさとか、うまく言葉で表現できないですがとにかくすごかったです!

     

    今日はリース取引に関する研修を受けました。

     

    リース取引には、ファイナンス・リース取引とオペレーティング・リース取引というものがあります。

     

    リース取引のうち、以下の要件を満たすものがファイナンス・リース取引となります。

    1、中途解約不能(準ずる場合も含む)

    2、リース対象資産から実質的に経済的な利益を受け、かつ、使用に伴い生ずるコストを実質的に負担すべきこととされている

     

    ファイナンス・リース取引に該当するような取引は、経済的実態が売買と同じなので、原則売買取引と同じように取り扱うことになります。

     

    さらに、リース終了後に無償等で譲渡される・著しく有利な価額で買い取る権利が与えられるなど、各要件に該当する場合は所有権移転ファイナンス・リース取引となり、該当しない場合は、所有権移転外ファイナンス・リース取引となります。

     

    所有権移転外ファイナンス・リース取引の場合は、賃貸借処理をすることが可能になります(中小企業の会計に関する基本要領・指針や消費税の取り扱いにより)。

     

    賃貸借処理をした場合と資産計上した場合とでどのような差が出てくるのか、所有権移転ファイナンス・リース取引の具体例など、事例をもとに研修を受けました。

     

    リース対象資産の範囲はとても広いので、それだけ色々なケースも出てきます(・_・;)

     

    来年改正の消費税の税率の経過措置も関係してきますので、しっかり勉強していきたいと思います!

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

     

    2018年10月第1回所内研修

    • 2018.10.02 Tuesday
    • 16:00

    こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    いま中野京子さんの「はじめてのルーヴル」という本を読んでいます。

     

    名前のとおりルーヴル美術館の絵の解説・作者の感想などが書いてあります。

     

    読んでいると、絵を楽しむには知識も必要なのだと思いました!私はギリシャ神話は好きなのでその辺りは分かるのですが、世界史の領域(○○何世とか○○王とか)になると、ほとんど忘れてしまっていることが分かりました(+o+)

     

    いま大阪市立美術館でルーヴル美術館展をやっているので見に行きたいです!世界史の勉強もしていきたいと思います(笑)

     

    今日はキャッシュフロー計算書に関する研修でした。

     

    お客様が疑問を持たれやすい箇所は、掛取引(売掛金・買掛金など)があった場合の利益とキャッシュフロー(お金の流れ)の違いではないでしょうか。

     

    損益計算書上ではこんなに利益が出ているのにお金が少ないのはなぜ?と疑問に思われたことがあるかもしれません。

     

    損益計算書は、適正な期間損益計算を行うために発生主義を採用しており、「販売」や「仕入」の時点で売上や仕入を認識します。

     

    しかし、掛取引を行っている場合実際にお金が入ったり出て行ったりするのは、販売や仕入の発生より後になります。なので、損益計算書の利益と手元のお金とに大きな違いが出てきます。

     

    たとえば、大型の契約だが売掛金の回収期間が長い契約をして、その契約のために新たな設備投資や人件費の投入が必要になったとします。

     

    このような場合、お金はどんどん無くなっていく一方で入ってこない・利益がでているので税金も払わなければいけない、という大変な事態になってしまうこともあります。

     

    売上を伸ばすことは大事ですが、それにより資金繰りはどう変わっていくのか、慎重な判断が必要になります(>_<)

     

    研修後昼食会でさか蔵さん行って参りました!鴨南蛮そばおいしかったです!

     

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

    2018年9月第1回所内研修

    • 2018.09.03 Monday
    • 13:49

    こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    先日マンマミーアの続編を見に行って参りました。

     

    映像も音楽も夏にぴったりな作品でした!

    前作から10年経っているのですが、同じ人達が演じていてそこも良かったです!

     

    これから見に行かれる方は前作を見てからの方がより楽しめるかもしれません(^.^)

     

     

    今回は、安全余裕率とキャッシュフローに関する研修でした。

     

    安全余裕率とは、今の売上高が損益分岐点の売上高に対してどのぐらいの割合かを示す指標です。

    会社の「余力」を知ることができます。余力が十分にある会社ならば、取引先の影響で売上が減ってしまったりと不測の事態があっても持ちこたえられます。

     

    計算式は以下のようになります。

     

    (売上高−損益分岐点売上高)÷売上高×100

     

    大きい値であればあるほど余力が大きいということになります。

    逆に今の売上高が損益分岐点の売上高に届いていない場合は、マイナスの値になります。

     

    損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率(※)ですので、安全余裕率を大きくするには、限界利益率を大きくするか、固定費を小さくすることが必要です。

     

    ※限界利益=売上高−変動費

     限界利益率=限界利益÷売上高

     

    経常利益は同じ会社同士でも、分析してみると安全余裕率が異なっていたりします。きちんと分析をして、対策を練っていけば、余力の維持・UPにつながります(^_^)

     

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    8月23日税理士会研修

    • 2018.08.24 Friday
    • 11:01

    おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    昨日の台風、皆様大丈夫でしたでしょうか。今朝も電車のダイヤが乱れていましたね。

     

    台風の影響なのか、家で飼っている犬の体調も悪くなってしまいました。

     

    犬は人間よりも耳が良いですし、気圧の影響を受けやすかったりするようです(>_<)

     

    猫はマイペースでした笑

     

     

    昨日、租税裁判例に関する研修に行って参りました!

     

    弁護士費用は、訴訟を通じて得られた還付加算金(税金の還付を受ける際に加算される一種の利息)の必要経費に当たるのか。

     

    役員退職給与の算定に用いた功績倍率は、相当であるのか。

     

    事業専従者の判断基準とは。

     

    他にも、様々な裁判例に関する講義を聞かせて頂きました!

     

    そもそも必要経費とは?シングルマザーのベビーシッター代は必要経費になるのか?私的費用とは?など、掘り下げて考えてみると色々な考え方・可能性が出てきます(^^)

     

    事業専従者から除かれる「他に職業を有する者」に該当するかどうかは、働き方が多様化してくるにつれて、判断に迷う事例が多くなってくるのではないかと感じました。

     

    条文の一文や一つの単語をどう解釈するか、とても難しいですが勉強になりました!

     

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018年8月第2回所内研修

    • 2018.08.20 Monday
    • 15:46

    こんにちは、九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    先日、ディズニーオンアイスに行って参りました!

     

    写真小さいですが、分かりますでしょうか。ディズニーキャラクター達がいっぱい滑っています。

     

    かわいらしくて、まさに夢の国でした(^_^)

     

    今回の所内研修は、税金対策で考えるべきプランの優先順位に関する研修でした!

     

    優先順位はデメリットが少ない順でつけていきます。

     

    一段階目の対策は、所得拡大促進税制などの税額控除を活用することです。

     

    所得拡大促進税制とは、役員や役員の親族以外の従業員の給料が一定割合以上増えていることをはじめとする要件を満たした場合に適用を受けられるものです。

     

    そのほかにも地方税特有の減免などもあったりするので、当てはまるものは積極的に活用していきます。

     

    次の段階は、税率の負担割合から考えた対策を行うことです。

     

    役員報酬の設定や法人成りや分社化などが挙げられます。

     

    所得税の税率と法人税の税率を比較して、法人成りを行うかどうかを判断したりします。

     

    この対策がダメなら次の段階へ…という感じで進んでいきます。

     

    ただし、すべての企業に優先順位どおりに対策を行っていくわけではありません。

     

    現状や目指す目標に応じて、どの対策を行うか判断していく必要があるからです。

     

    企業の内部留保の状態、高額な支出の予定、借入の予定、後継者の有無、など様々な聞き取りを行ったうえで、最善の対策を選択していきます(^^)

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

     

     

     

     

    8月8日税理士会研修

    • 2018.08.10 Friday
    • 10:20

    おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    先日、梅田を歩いていると風鈴が沢山ありました!!

     

    見てるだけで涼しく感じますね〜(^^)

     

    ゆりやんレトリィバァさんの看板も一緒にありました!ホワイティ梅田の館長だったんですね!初めて知りました(笑)

     

    先日、公益法人等における税務に関する研修を受けました!

     

    公益法人等には、一般社団法人と一般財団法人(一般法人)・公益社団法人と公益財団法人(公益法人)などがあります。一般法人は、登記のみで設立が可能であり、公益認定基準を満たすと認定されれば公益法人になります。

     

    一方、公益認定基準を満たさない一般法人は、非営利型法人の要件を満たす場合のみ公益法人等として活動できます。

     

    非営利型法人の要件の中には、理事総数のうち親族等の割合が3分の1以下であることが定められています。一般社団法人は、社員2名、理事1名から設立できますので、最小構成人員で設立した場合、親族制限により公益法人等として活動できない場合があります。

     

    非営利型法人に該当した場合は、法人税法では、収益事業から生じた所得のみ課税され、それ以外の所得は非課税となります。しかし、非営利型法人に該当しない場合(以下、営利型と書きます)は、株式会社等と同様に全所得に課税されます。

     

    さらに、消費税法では、営利型・非営利型の該当の有無は問われておらず、一般法人に関しても「国・地方公共団体等に対する特例」の規定が適用されるため、対価性のない収入である補助金・寄付金・会費等を充当した支出は、仕入税額控除の調整対象となり、控除できる額が株式会社等と比べて少なくなってしまいます。

     

    法人税法では、株式会社等と同じように扱われ、消費税法では公益法人等と同じように扱われ、一番税負担が多くなってしまうパターンということなんです(>_<)他にも様々な要件がありますので、慎重な判断が必要となります!

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

    2018年8月第1回所内研修

    • 2018.08.06 Monday
    • 13:33

    こんにちは、九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    週末は色々なところでお祭りや花火大会がありましたね!

    今年は猛暑で大変ですが、花火を見たりすると夏っていいなぁと思いますよね〜(^v^)

     

    今回は、固定費の細分化と限界利益率の応用に関する研修を受けました!

     

    製品ごとの財務内容を見ていくときに、経常利益がマイナスであっても販売を中止すべきかどうかは、固定費を個別固定費と共通固定費に分けなければ判断できません。

     

    個別固定費とは、個々の製品製造・販売に直接関係のある固定費を指します。一方、共通固定費とは、個々の製品製造・販売に特定できない固定費を指します。共通固定費の例としては、工場の減価償却費等が挙げられ、一定の基準により各製品ごとに配賦していきます。

     

    共通固定費は、個々の製品の製造・販売に関係なくかかるので、販売を中止した場合売上がなくなった分余計に経常利益が減ってしまうこともあるのです。

     

    マイナスがでてしまうと、このまま生産し続けて大丈夫か?という不安が出てくると思います。しかし判断を誤って余計にマイナスが増えてしまうこともあるので、分析し慎重に判断することが必要となります(・_・;)

     

    研修後昼食会でさか蔵さんに行って参りました!冷やし鴨南蛮そば美味しかったです!

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

    7月25日税理士会研修

    • 2018.07.30 Monday
    • 11:55

    こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    飼っている猫が暑そうにしているので、何か良いグッズはないかと探しているとこんなものを見つけました。

     

    猫は丸くて狭いところが好きなので入るのだそうです(^_^)中はひんやり加工がされているので気に入ってくれると嬉しいです。

     

    先日NPO法人の会計と税務に関する研修に行って参りました!

     

    NPOとは、福祉、教育・文化、環境、国際協力などの分野で社会貢献活動を行う団体の総称をいい、さらに特定非営利活動促進法(NPO法)に基づき法人格を取得した法人を、特定非営利活動法人(NPO法人)といいます。

     

    法人格取得には、営利を目的としないこと、宗教・政治活動を主たる目的としないこと、10人以上の社員を有すること、など様々な要件があります。

     

    NPO法人の会計も様々な特徴があります。たとえば、無償または著しく低い価格での施設の提供を会計に取り込んだり、ボランティアによる役務の提供を会計に取り込んだりします(注記or活動計算書に計上)。

     

    NPO法人の真実のコスト、援助を受け取ったという事実の表示やボランティアによる労力を金額評価して計上することでNPO法人の真の活動規模を表示することが目的です(^^)

     

    さらに、税務の面でもNPO法人は営利を目的としないため「収益事業を行う場合のみ」法人税の申告が必要となります。

     

    そのため、収益事業の3つの要件(1 政令で定める事業に該当するもの 2 継続して営まれるもの 3 事業場を設けて営まれるもの)を満たしている事業を行っていないか判断が必要となります。

     

    NPO法人の会計は企業会計と異なり、かなり特殊な部分が多いです。お客様が本来の活動に専念できるようしっかり勉強していきたいと思います(*^_^*)

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

    2018年7月第1回所内研修

    • 2018.07.03 Tuesday
    • 13:13

    こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    サッカーはベスト8進出ならずでしたね。でもベルギーに2点も取ったなんてすごいですよね!!!

     

    しかも、視聴率は早朝にもかかわらず平均30%だったとか!日本人のサッカー愛を感じますね(●^o^●)

     

     

    研修は前回に引き続き損益計算書についてでした。

     

    損益分岐点(損益がトントンの売上高:固定費÷限界利益率(※))が下がると会社にとって余力が生まれます。

    (※)限界利益(売上高−変動費)÷売上高

     

    損益分岐点を下げるには固定費を小さくするか、限界利益率を大きくする必要があります。

     

    たとえば多品種を扱っている会社では、個々の商品・製品の限界利益率は異なっていることが多いはずです。

     

    そのため、商品・製品別に限界利益率を出して比較すると、「限界利益率の小さいB製品を減らしてC製品を増やすべき」や「A製品の限界利益率をもっと大きくするべき」など具体的な戦略が立てやすくなります。

     

    お客様の最善な意思決定をサポートできるように頑張りたいと思います(^^)

     

     

    研修後、昼食会でさか蔵さんに行って参りました!

     

    冷やしカレーうどんです。冷えたカレー?!と思ってドキドキしていたのですがうどんが冷えていました(笑)

     

    うどんが冷たいので夏でも食べやすかったです〜!

     

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM