スポンサーサイト

  • 2019.07.24 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    税理士法人設立にあたって〜その2

    • 2016.07.16 Saturday
    • 17:20

     

    近所の神社の夏祭り見物に行きノスタルジーに浸りがちな税理士の藤田です。

     

    税理士法人の設立のあたって、そもそも税理士法人とはなんですが、会社法的な扱いは「合名会社」と同じで、出資者のみ会社役員となる事が出来ますが、一方で会社の債権については個人においても無限責任を負うという、法人でありながらも個人の集合体という意味合いが強い組織です。

     

    税理士法人の場合、この出資者(=役員)が税理士に限られており、その税理士のことを社員税理士といいます。

     

    税理士法人の設立にあたって、現在の所税理士1名では設立出来ず2名以上必要で、弊社は藤田・植木と税理士登録しているものがおりますので、当2名が社員税理士となって立ち上げます。

     

    社員税理士の中で、代表権を有する代表社員を定める事が出来ますが、弊社はそれを定めるつもりはありません。

     

    ですので、逆に言いますと、2名ともが代表権を有する社員となり、対外的な行為も、それぞれ臨機応変に行うことができます。

     

    また法人の印鑑登録も、今回の件で私も初めて知りましたが、1の法人で複数代表権を有するものがおれば、それぞれの名前で法人の実印の登録が出来ます。よって、我々もそれぞれが当税理士法人の印鑑登録を行う予定にしております。

     

    という事で法人の名称なんですが『税理士法人 九条会計事務所』です、よろしくお願いします。

     

     


    美容室の開業・独立を支援します!大阪市西区の九条会計事務所

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2019.07.24 Wednesday
    • 17:20
    • 0
      • -
      • -
      • -