社会福祉法人制度改革に関する研修会

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 17:59

 

確定申告の繁忙期は過ぎたものの色々と休まらない税理士の藤田です。

 

何かと慌ただしく感じる年度末の間近、近畿税理士会主催の表題の研修に行って参りました。

 

弊社でも社会福祉法人のお客様がおり、この度の改正については昨年から色々とアンテナを張ったり、先日も士業のお知り合いの先生主催で当テーマの研修に参加した所であったりもします。

 

特にこの度の社会福祉法人制度の改正においては、「ガバナンスの強化」が一つの主題であり、その観点から税理士・公認会計士に求められている役割が色々と盛り込まれています。

 

具体的には、「社会福祉充実計画の策定と実施の義務化」であり、端的に言えば社会福祉法人がもっている過剰な内部留保(貯金)を原則5年以内に使い切りましょう!というもので、その中で税理士・公認会計士として求められる仕事が、

 

ー匆駟〇秉室損蝶曚了郢察焚畩蠅米睇留保(貯金)の額の算定)

⊆匆駟〇秉室揃弉茲虜定コンサルティング(使い切る予算・実施の計画立案補助)

△砲弔い討寮賁膕箸らの意見聴取報告(△侶弉茲概ね適切かどうかの報告書の作成)

 

特にはこの度の制度の中に、専門家=税理士又は公認会計士と明記されておりますので、実施はまだですが既にいくつかの案件をお声掛け頂いております。

 

当計画の策定・実施は4月から始まります平成29年度からで、当初の計画の承認は6月30日までとなっており、今後も引き続き注視していきたいと思います。

 



会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 17:59
  • 0
    • -
    • -
    • -