スポンサーサイト

  • 2019.01.15 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    1月10日 税理士会研修

    • 2019.01.15 Tuesday
    • 09:47

    おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    先週、すごくきれいな朝焼けの日がありました!

     

    2枚の写真はほぼ同時刻なのですが、角を曲がるまでと角を曲がったところでこんなに色の違いがありました!

     

    日本じゃないみたいですね〜今まで見た朝焼けの中で一番でした(^^)

     

    先週、税理士会の確定申告期に留意すべき事項に関する研修を受けました。

     

    去年は、台風と地震で13万超の被害件数だったということで、まずは災害減免法と所得税法の雑損控除についてのお話でした。

     

    災害により住宅や家財などに損害を受けたときは、確定申告等で上記のどちらか有利な方を選ぶことになります。

     

    災害減免法は損失金額を翌年に繰り越して控除することができないため、一般的には、雑損失の金額が総所得金額等の合計額を超える程度に被害が大きい場合には、雑損控除の適用を受ける方が有利になります。

     

    サラリーマンの方などで控除額が多く、源泉徴収票の源泉徴収税額が0になっている方は、雑損控除は繰り越すことができるので、源泉徴収税額が0であっても申告が必要となります。

     

    雑損失の金額は、災害関連支出の金額により計算方法が変わってきますが、計算に使う「損失」の金額は保険の補てん金を控除した後の金額となります。

     

    市からお見舞金が出た方もいらっしゃるかと思いますが、このお見舞金は上記補てん額には含まれません(^^)

     

    その後、他の確定申告の留意点に関するお話を拝聴致しました。

     

    今回の研修を受けてあらためて去年は災害の年だったということを実感いたしました。

     

    2019年は平和な1年であって欲しいです。

     

     

     

     

    12月19日税理士会研修

    • 2018.12.19 Wednesday
    • 17:01

    こんばんは。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    家に帰ると電気ケトルが落とされ、壊されていました!

     

    飲み物を作るのも全部お鍋でお湯を沸かさなければならずとても困っています。

     

    普段何気なく使っているものほど急になくなると困りますね(;_;)

     

    犯人の写真です…

     

    昨日、税理士会の国際セミナーに行って参りました!

     

    現在日本には外国企業が数多く進出してきていますが、課税の原則は「PEなければ課税なし」です。

     

    PEとは、Permanent Establishmentの略で、日本語では恒久的施設を意味し、事業を行う一定の場所(支店等)をいいます。

     

    外国企業が日本で事業を行う場合、日本にその企業のPEがなければ、その企業の事業利得には課税できないのです。

     

    これまで、PEに認定されなければ課税はされないということで、人為的なPE認定逃れがありました。

     

    そこで、PE認定の人為的回避の防止のために平成30年度税制改正が行われました。

     

    これまでは、企業の本質的な部分を構成している活動でも、PE認定の例外の規定を利用してPE認定を逃れているケースがありましたが、平成30年度改正は実質を見てPE認定をし、制度の悪用を防止するような規定となっています。

     

    その後も、海外取引に関する調査の状況など貴重なお話を色々拝聴することができました!

     

    これから外国企業の日本進出や海外取引を行う会社はどんどん増えてくると思うので、しっかり勉強していきたいです(^^)

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

     

     

    2018年12月第1回所内研修

    • 2018.12.04 Tuesday
    • 10:15

    おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    先日、ファンタスティックビーストを見て参りました!

     

    魔法動物は相変わらずかわいかったです(^^)

     

    あのカモノハシみたいなやつが飼いたいです。

     

    めちゃくちゃ気になるところで終わったので、早く続編が見たいです!

     

    昨日、財務三表と管理会計に関する研修を受けました!

     

    財務三表とは、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の三つのことです。

     

    これらは相互に関連しています。今回は「当期純利益」をキーワードに進んでいきました。

     

    財務三表のうちどれか一つを見ればいいというものではなく、それぞれに役割があります。

     

    相互の関連も併せて考えていくと理解が深まりました(^^)

     

    研修後、事務所の忘年会でさか蔵さんに行って参りました!

     

    後半は食事に集中しすぎて写真を撮り忘れました…とても美味しかったです〜!!

     

     

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

     

     

     

    11月26日税理士会研修

    • 2018.11.27 Tuesday
    • 09:17

    おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    これ何に見えますでしょうか。

     

    ティッシュケースです!少し前に阪急の駅で配っていたそうです。

     

    上の蛇腹部分を作るのに苦労しました。

     

    「山折り」と書いてあったのですが、山折りの折り方を忘れてしまっていたからです。

     

    最終的にインターネットで山折りを調べて折りました…。何でもやらないと忘れますね(・・;)

     

    昨日、税理士会の相続税の土地評価資料作成に関する研修に行って参りました!

     

    最近のエリアごとの地価に関するお話から始まり、資料収集の方法、事例ごとの評価の計算方法など色々学ばせて頂きました。

     

    インバウンド需要の影響は地価にも及んでいて、インバウンド需要の高い大阪や京都では地価が上昇しています。

     

    難波のドラッグストアなどでも免税のレジの列がすごいことになっていますよね〜!

     

    反対に、その波にのれていないと、同じ関西エリアでも取り残されていって…という状況にあるようです(>_<)

     

    資料の見方などもかなり細かいところまで解説していただいたのでとても勉強になりました!

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

     

     

     

     

     

     

    11月第1回所内研修

    • 2018.11.19 Monday
    • 15:37

    こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    昨日、弓弦羽神社に行って参りました。

     

    私は幼稚園の遠足以来でかなり久々だったのですが、絵馬が羽生選手の活躍を祈願するものでいっぱいで驚きました!

     

    ご本人も何度も来られているそうです(^^)名前が入っているからですね!

     

    神社のシンボルキャラクターであるカラスのゆづ丸君もかわいかったですよ〜!

     

    今日は年末調整に関する所内研修を受けました!

     

    年末調整時期になると、書類を色々渡されて記入して大変!というイメージがあると思うのですが、今年から更に枚数が増えます。

     

    配偶者に関する控除の仕組みが大きく変わったからです。

     

    去年まで保険料控除申告書と一緒に1枚の紙になっていたのですが、単独の配偶者控除等申告書に変わりました。

     

    ですので、該当の配偶者がいらっしゃる方は今年は用紙が3枚になります。

     

    改正のあった部分をどのようにお伝えしたら分かりやすいか、また、添付書類の不足による控除漏れを防ぐ工夫など色々学びました。

     

    1年に1回ですし、細かい字で色々書かれている書類なので苦手な方が多いと思います(・・;)さらに今年は枚数も増えましたし…

     

    できる限り分かりやすくお伝えできるように取り組みたいと思っております!

     

    研修後昼食会でDECOさんに行って参りました!天井が高くてお洒落な感じでした!ランチはこれにサラダとスープが付いていました。美味しかったです〜!

     

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

     

     

     

     

     

    2018年11月第1回所内研修

    • 2018.11.05 Monday
    • 13:48

    こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    最近机の上で育てているサボテンが元気がないのが心配です。

     

    既に1度越冬しているのですが、今年は秋の始めごろから日光不足で弱々しくなってしまいました(;_;)

     

    外で育てたら寒すぎる?とか色々悩んでおります。

     

    なにかサボテンに関するよい情報がある方は教えてください!(笑)

     

    今日はキャッシュフロー計算書と貸借対照表に関する研修を受けました。

     

    お客様にご説明する際の工夫など、色々学びました!

     

    財務諸表をお見せして、ただ単調に数字のご説明をするのではなく、工夫はできているか、今一度考えなければいけないと感じました。

     

    普段何気なく使っている用語についてご質問を受けた際に、お客様が納得できるような形でご説明できるのか、振り返ってみました。

     

    折角インプットしても上手くアウトプットできなければ意味がありません。

     

    自己満足なご説明で終わらないように、常に意識して頑張りたいと思います(^^)

     

     

    研修後昼食会でさか蔵さんに行って参りました!天ぷらうどん美味しかったです!

     

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

    11月2日税理士会研修

    • 2018.11.05 Monday
    • 09:54

    おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    週末に大阪市立美術館のルーヴル展に行って参りました!

     

    午前中に行ったのですが、休日でもそこまで混雑していなかったのでゆっくり見れました!

     

    真ん中から顔を出すと肖像画の仲間入りができますよ〜(^^)

     

    先日、事業承継税制に関する税理士会の研修を受けました。

     

    事業承継税制とは、先代経営者から後継者が非上場株式等を贈与・相続されたとき、一定の要件を満たしている場合、その贈与等に係る贈与税・相続税の納税を猶予してもらえ、さらにその後継者が死亡等一定の場合にその納税が免除されるという制度です。

     

    納税の負担を減らすことで、事業承継を円滑にし、中小企業の廃業を防ぐためにこの制度ができました。

     

    この制度ができたころは、要件が厳しく、あまり多くの人がこの制度を適用できていませんでした。しかし、この度の改正で要件も緩和され、多くの適用が見込まれています!

     

    ただし、上記にもあるように一定の条件を満たした場合に納税が猶予・免除されるので、逆に要件に当てはまらない状況になってしまった場合、猶予されていた税金を払わなければならなくなります。その場合は猶予されていた期間の利子税もついてしまいます。

     

    たとえば、後継者が5年以内にその会社の代表者でなくなってしまったり、会社が中小企業者等に該当しなくなったりすると、要件に当てはまらなくなってしまいます。

     

    贈与等を受けた時だけ要件を満たしていればよいわけではないので、適用を受ける際は慎重な判断が必要となります(>_<)

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

    10月24日 税理士会研修

    • 2018.10.25 Thursday
    • 11:03

    おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    先日インターネットのニュースを見ていると、今度キッザニア甲子園で「大人のキッザニア」が開催されるとの記事がありました。

     

    16歳以上限定だそうで、約100種類のお仕事が体験できるとか(^^)

     

    飲食店やパイロットや歯医者さんなどあるようです。ちゃんと企業名が入った制服も着れるみたいです。

     

    これがきっかけで新たな職業に興味を持つ人もいるかもしれませんね!

     

    昨日法人の生命保険に関する研修に行って参りました。

     

    法人契約の生命保険には、養老保険や定期保険、逓増定期保険などなどあります。

     

    退職金の準備であったり、福利厚生目的であったり、万一の備えであったり、目的に応じた保険を選んでいきますが、同じ保険でも被保険者や保険金受取人を誰にするかで経理処理は変わってきます。

     

    たとえば、養老保険で被保険者は役員及び従業員で、死亡保険金も満期保険金も法人が受け取る場合は、資産計上しなければいけません。

     

    一方、死亡保険金の受取は被保険者の遺族で、満期保険金の受取は法人としている場合は2分の1を資産計上し、残り2分の1は損金に算入できます。

     

    ただし、被保険者が特定されるような基準を社内で設けていた場合など、被保険者の給与として扱わなければいけないので注意が必要です。

     

    「全従業員がその恩恵に浴する機会が与えられているとは認められない」とし、源泉所得税の追加納付を命じられた裁決事例もあります。

     

    生命保険の基礎知識から、保険の種類ごとの経理処理までしっかり学ぶことができて勉強になりました(^O^)

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

     

     

     

     

     

    2018年10月第2回所内研修

    • 2018.10.15 Monday
    • 15:44

    こんにちは、九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    週末に野田秀樹さんの舞台を見に行って参りました(^^)

     

    天海祐希さんが男性の役をされていたのですが、めちゃくちゃかっこよかったです。さすがだと思いました!

     

    野田秀樹さんの独特の世界観とか演出の美しさとか、うまく言葉で表現できないですがとにかくすごかったです!

     

    今日はリース取引に関する研修を受けました。

     

    リース取引には、ファイナンス・リース取引とオペレーティング・リース取引というものがあります。

     

    リース取引のうち、以下の要件を満たすものがファイナンス・リース取引となります。

    1、中途解約不能(準ずる場合も含む)

    2、リース対象資産から実質的に経済的な利益を受け、かつ、使用に伴い生ずるコストを実質的に負担すべきこととされている

     

    ファイナンス・リース取引に該当するような取引は、経済的実態が売買と同じなので、原則売買取引と同じように取り扱うことになります。

     

    さらに、リース終了後に無償等で譲渡される・著しく有利な価額で買い取る権利が与えられるなど、各要件に該当する場合は所有権移転ファイナンス・リース取引となり、該当しない場合は、所有権移転外ファイナンス・リース取引となります。

     

    所有権移転外ファイナンス・リース取引の場合は、賃貸借処理をすることが可能になります(中小企業の会計に関する基本要領・指針や消費税の取り扱いにより)。

     

    賃貸借処理をした場合と資産計上した場合とでどのような差が出てくるのか、所有権移転ファイナンス・リース取引の具体例など、事例をもとに研修を受けました。

     

    リース対象資産の範囲はとても広いので、それだけ色々なケースも出てきます(・_・;)

     

    来年改正の消費税の税率の経過措置も関係してきますので、しっかり勉強していきたいと思います!

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

     

     

    2018年10月第1回所内研修

    • 2018.10.02 Tuesday
    • 16:00

    こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

     

    いま中野京子さんの「はじめてのルーヴル」という本を読んでいます。

     

    名前のとおりルーヴル美術館の絵の解説・作者の感想などが書いてあります。

     

    読んでいると、絵を楽しむには知識も必要なのだと思いました!私はギリシャ神話は好きなのでその辺りは分かるのですが、世界史の領域(○○何世とか○○王とか)になると、ほとんど忘れてしまっていることが分かりました(+o+)

     

    いま大阪市立美術館でルーヴル美術館展をやっているので見に行きたいです!世界史の勉強もしていきたいと思います(笑)

     

    今日はキャッシュフロー計算書に関する研修でした。

     

    お客様が疑問を持たれやすい箇所は、掛取引(売掛金・買掛金など)があった場合の利益とキャッシュフロー(お金の流れ)の違いではないでしょうか。

     

    損益計算書上ではこんなに利益が出ているのにお金が少ないのはなぜ?と疑問に思われたことがあるかもしれません。

     

    損益計算書は、適正な期間損益計算を行うために発生主義を採用しており、「販売」や「仕入」の時点で売上や仕入を認識します。

     

    しかし、掛取引を行っている場合実際にお金が入ったり出て行ったりするのは、販売や仕入の発生より後になります。なので、損益計算書の利益と手元のお金とに大きな違いが出てきます。

     

    たとえば、大型の契約だが売掛金の回収期間が長い契約をして、その契約のために新たな設備投資や人件費の投入が必要になったとします。

     

    このような場合、お金はどんどん無くなっていく一方で入ってこない・利益がでているので税金も払わなければいけない、という大変な事態になってしまうこともあります。

     

    売上を伸ばすことは大事ですが、それにより資金繰りはどう変わっていくのか、慎重な判断が必要になります(>_<)

     

    研修後昼食会でさか蔵さん行って参りました!鴨南蛮そばおいしかったです!

     

     

     

    会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
    迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM