4月19日 税理士会研修

  • 2018.04.20 Friday
  • 16:59

おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です(^_^)

地下鉄が4月から民営化しましたね!先月マスク付きのこんなチラシが駅で配られていました!

民営化して私は大きな違いは感じませんが、大阪メトロという呼び方、やっぱりまだ慣れないです〜(・▽・;)

 

先日税理士会の研修に行って参りました。民法(債権法)の改正に関する研修でした。

現行の民法は明治時代に作られたものです。以来、120年にわたり抜本的な改正は行われていませんでした。

ですが、わかりやすさ・現代化・市場のグローバル化への対応を目的として改正が行われ、2020年より施行されることとなりました。

たとえば、現行民法では、権利を行使することができる時から10年間行使しないときには、債権は消滅する規定となっています。ですが、短期消滅時効に該当する債権は職業ごと・類型ごとに時効の期間が1年〜3年とそれぞれ定められていたり、商行為によって生じた商事債権は時効が5年であったりと、かなり複雑になっており、自分が扱っている債権がどれに該当するか判断が必要で、間違ってしまうリスクがありました。

今回の改正で原則として債権の消滅時効は「債権者が権利を行使することができることを知った時から5年間行使しないとき(主観的起算点)」若しくは「権利を行使することができる時から10年間行使しないとき(客観的起算点)」に統一されました。

通常、契約の当事者は、予め「いつ権利を行使することができるか」を知っていますので、主観的起算点と客観的起算点は一致し「権利を行使することができることを知った時から5年」が債権の消滅時効となることが多くなります。

ですので、事実上債権の消滅時効は短くなります(ただし短期消滅時効に該当していた債権、売掛金等は逆に長くなります)。

 

120年前と現代とでは世の中がまるで変わっていて、取引も複雑化しています。昔の民法をそのまま適用していくには限界がありますよね(>_<)次回も民法の研修がありますので、しっかり勉強していきたいと思います!

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

2018年4月第1回所内研修

  • 2018.04.16 Monday
  • 13:26

こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

 

今日は肌寒いですね(>_<)いつになったら暖かくなるのでしょうか…早く上着なしの季節になってほしいです。

 

今日の所内研修は「お客様に財務や経理への関心を持ってもらうこと」がテーマでした。

お客様の中には、財務や経理に関心がある方もおられれば、苦手な方もおられると思います。又、苦手でなくても、日々のお仕事が忙しくなかなか財務や経理のことまで考えている余裕はない!という方もたくさんおられると思います。

そこで、月次の経理や決算でのご報告をどう工夫すれば、お客様に納得していただけるか、お客様の立場になって考えました。帳簿の作成や申告書の作成も勿論税理士の仕事ですが、「なぜこのような数字になっているのか」「この財務諸表からはどのようなことが分かるのか」お客様に分かりやすくお伝えするのも税理士の仕事です(^^)

貴重なお時間をいただいておりますので、お客様が「?」のままになってしまわないように、日々工夫していきたいと思います!

 

研修後昼食会でさか蔵さんに行って参りました!帰るころにはたくさん人が並んでいました!かも南蛮美味しかったです!

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

3月30日税理士会研修

  • 2018.04.02 Monday
  • 10:11

おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

桜の季節になりましたね!先週の靫公園はこんな感じでした。

お花見の人でいっぱいでした(^_^)

 

 

先日、平成30年3月決算・申告の実務と留意点に関する税理士会の研修に行って参りました!

はじめは届出関係に関するお話でした。

法人の設立届出書等について登記事項証明書の添付が不要となったり、納税地に異動があった場合の異動届が、異動前の納税地の所轄税務署長への提出のみでよくなったり(従来は異動前・後両方必要でした)、平成29年4月1日以後からは届出が簡素化されました。ただし、上記の取り扱いは国税のみとなります。地方税に関する地方自治体への届出は簡素化されず、今まで通りですので注意が必要となります。少し書類の量が減るかな、といったところですね(^_^;) 

その後所得拡大促進税制の改正や役員給与の改正等や、仮想通貨に関する税務処理のまとめに関するお話もありました。

仮想通貨に関しては、所得税法・消費税法とは異なり、法人税法については改正はされておらず取り扱いが定まっていない状況です。企業会計基準委員会(ASBJ)の当面の取り扱い(案)は昨年の12月に公表されましたので、引き続き注目していく必要があります。

仮想通貨は今年かなり話題になりましたね(>_<)有価証券等の金融商品とも異なり、無形固定資産とも異なる全く新しいものですので考え方が難しいです。

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

 

1月16日研修会

  • 2018.01.18 Thursday
  • 11:54

こんにちは、九条会計事務所 税理士の橘です(^_^)

少し前なのですが、名古屋に行った際にミュシャ展に行って参りました!

どれもとても精密に描かれていて、これが人の手で描かれているなんて本当にすごいなぁと感じました。

 

先日阪奈税協主催の確定申告の研修会に行って参りました。

平成29年分から適用される税制改正の中で、多くの方にとって一番身近な改正といえばセルフメディケーション税制ではないでしょうか。

セルフメディケーション税制とは、「スイッチOTC医薬品」に当てはまる市販薬の購入金額が12,000円を超えるときは、その超える部分の金額を8万8千円を限度として控除を受けることができるという規定です!従来の医療費控除とは併用できず、どちらかを選ぶことになります。

セルフメディケーション税制を受けるためには、インフルエンザの予防接種、がん検診、健康診断、人間ドックなどなど健康の保持増進・病気の予防への取り組みを行ったことを証明する書類を提出・提示しなければなりません。また、どれがセルフメディケーション税制対象商品にあたるかはレシートの中で明示されますが、セルフメディケーション税制対象商品の合計額が記載されていない場合、各自で計算をしなければなりません。ですので、少し手間がかかる規定となっております(-_-;)

医療費に関する控除の範囲が拡大しましたが、複雑な部分も増えています。しっかり勉強していきたいと思います!

 

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

 

謹賀新年

  • 2018.01.01 Monday
  • 09:00

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2018年もどうぞ九条会計事務所を宜しくお願い致します。

 

年初の業務開始は1月9日(火)からとなります。

 

(今年は戌年で、イラストのモチーフは「結婚できない男」というドラマに出てくるパグ犬のケンちゃんです)
 

 


会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です

2017年12月第2回所内研修

  • 2017.12.18 Monday
  • 15:12

こんにちは。九条会計事務所 税理士の橘です。

2017年もあと2週間もないのですね〜!クリスマスグッズとお正月グッズでお店も華やかな時期ですね(^_^)

 

今日は年末調整に関する研修を受けました!

年末調整の時期は、税理士事務所だけでなくお客様も従業員の方に記入してもらったり添付書類を預かったりと忙しくされておられると思います(>_<)

年末調整の基礎的な復習から始まり、個人型確定拠出年金iDeCoについてや住宅ローンの借り換えをした場合の住宅ローンの年末残高の計算の仕方や住宅借入金等特別控除申告書の書き方など、注意点を中心に研修を受けました!

1年に1回色々書かされて面倒くさい…と思う方もおられると思いますが、多くの方にとってはこれが確定申告の代わりでありお給料から引かれていた税金がいくらか戻ってくるケースが多いと思いますので、できるだけ多くの税金が戻ってくるように、保険料の控除証明書や住宅取得資金に係る年末残高等証明書の保管などなど毎年ご準備お願い致します(^_^)

 

研修後昼食会で事務所の近くのごん田さんに行って参りました!初めて行ったのですがとても美味しかったです!

写真は豚汁定食です。席数が少ないので早めにいかないと満席になってしまうかも?と思いました。

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

2017年12月11日税理士会研修

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 09:47

おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

先日スカイビルに行くとクリスマスツリーが出ていました!ツリーの周りではドイツのお菓子やツリーの飾りなどの出店やメリーゴーランドがあったり、とてもかわいい雰囲気になっていました〜(^_^)夜はライトアップもしているみたいなのでまた見に行ってみたいです!

 

昨日税理士会のマイナンバーの研修会に行って参りました!番号法の確認から始まり、顧問先における事例、今後のマイナンバー制度に関する講義を拝聴致しました。

お客様とのマイナンバーの受け渡し方、退職者の再雇用のケース、入手したマイナンバーの保存の仕方など、事例ごとに細かく解説をして下さり、さらにその事例もたくさんあったので、これからこういうケースが発生するかもしれないので準備しておかなければいけない、など色々考える良い機会になりました(^_^)

マイナンバーは導入されて間もないので、まだ市町村ごとに対応が異なっている部分もあり、これから利用範囲が拡大していくともっと色々な問題が出てきそうだと感じました。

様々なケースを想定して勉強していきたいと思います!

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

2017年12月第1回所内研修

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 10:23

おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

昨日、事務所の忘年会で事務所近くのさか蔵さんに行って参りました!

写真はお刺身盛り合わせとホタルイカの沖漬けです(^_^)

他にも色々食べましたがどれも美味しかったです〜!!

 

昨日は、決算書の経営情報と説明事例に関する研修でした。

資料の1期〜5期までの貸借対照表と損益計算書を見て、赤字の原因や黒字化した期はどのような対策を行ったのか、などを読み取りました。まずは、資産合計が継続して減っている・継続して債務超過の状態にある、など大きな部分から見ていきます。次に科目をしぼって、なぜその状態になっているか(資産合計の継続的な減少など)原因をつきとめていきます。

ついつい細かい部分から見てしまいそうになりますが、大きな部分から見ていくことで視野が広がり、より多くの情報を読み取ることができると感じました(^^)

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

 

12月1日税理士会研修

  • 2017.12.04 Monday
  • 09:47

おはようございます。九条会計事務所 税理士の橘です。

写真は久太郎町の辺りの黄葉です!!

目で見るともっと綺麗だったのですが…写真って難しいですね(+o+)

 

先日支部主催のビデオ研修会に行って参りました!合併に関する研修会でした。

組織再編の類型、合併のスケジュールや合併手続きにかかる費用のお話から始まり、適格合併・非適格合併の違いやそれぞれの処理方法など様々なお話を聞かせて頂きました。一定の条件を満たす場合、合併は最短で40日程度で行えるそうです!

合併には適格合併と非適格合併というものがあります。一定の要件を満たす場合は適格合併に該当し、それ以外は非適格合併となります。適格合併に該当した場合は、被合併法人の繰越欠損金を合併後も引き継ぐことができるのですが、租税回避行為防止のため一定の条件が定められています。被合併法人の繰越欠損金の引き継ぎをめぐる紛争事例としては、ヤフー事件があります(>_<)

合併は要件規定がかなり多く、内容も複雑なので正直とても難しかったですが、最近中小企業のM&Aも増えていますので、しっかり勉強していきたいと思います!

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。

2017年11月第2回所内研修

  • 2017.11.20 Monday
  • 13:32

おはようございます、九条会計事務所 税理士の橘です。

いま「麒麟の舌」という本を読んでいます!今映画でやっているものの原作です。

まだ途中なのですが戦争中の話なども出てきて、色々な国の人達と交流できる平和な現代のありがたみを感じます(>_<)

 

今日は、旅館ホテルの会計に関する研修を受けました。

現在、日本旅館協会手動で業界の「統一会計基準」を導入する動きがあります。

欧米のホテルにはUSALI(Uniform System of Accounts for the lodging Industry)という統一の会計基準があるのですが、日本にはそういったものがありません。生産性を高めるためには、会計基準を業界内で統一し、分析可能にする必要があります。

具体的には「勘定科目の統一」「発生主義のルールの厳格化」「月次決算の徹底」が必要となります。

これらを導入することによって、同業他社との比較や自社の過年度同月比較(旅館ホテル業界は季節による売上の変動が大きいため、前月比較より過年度同月比較の方が重要)が正確にできるようになります。「早く、正しい月次決算に基づいて、読み解いて、改善する」ことが可能になるのです。

旅館ホテル業界以外でも、勘定科目はこのままで良いのか(お客様にとって分かりやすい勘定科目を使えているか)、同業他社との比較は課題を持って行えているか、など「お客様が求めている会計報告」についてもっと考えていかなければいけないと感じました。

 

 

会社設立・事業計画・決算診断にも強い、大阪の若手税理士事務所は九条会計事務所。
迅速・丁寧な対応を致します、初回相談無料です。